宮崎市田野町の内科・外科・精神科 あけぼの診療所

疾患について

  • HOME »
  • 疾患について

うつ病

うつ病
眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと感じてしまいます。そのため普段なら乗り越えられるストレスも、よりつらく感じられるという、悪循環が起きてきます。
薬による治療とあわせて、認知行動療法も、うつ病に効果が高いことがわかってきています。早めに治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、無理せず早めに専門機関に相談すること、そしてゆっくり休養をとることが大切です。

「うつ病」とは

うつ病は増えている?

日本では、100人に3~7人という割合でこれまでにうつ病を経験した人がいるという調査結果があります。さらに、厚生労働省が3年ごとに行っている患者調査では、うつ病を含む気分障害の患者さんが近年急速に増えていることが指摘されています。
「うつ病が増えている」の背景には、

  • うつ病についての認識が広がって受診する機会が増えている
  • 社会・経済的など環境の影響で抑うつ状態になる人が増えている
  • うつ病の診断基準の解釈が広がっている

など、様々な理由が考えられます。

「うつ病」にはいろいろある

「憂うつな気分」や「気持ちが重い」といった抑うつ状態がほぼ一日中あってそれが長い期間続く、というのはうつ病の代表的な症状です。
こうした症状が見られた場合、うつ病と診断されることが多いのですが、本当は、これだけで診断がついたことにはなりません。
大うつ病と呼ばれるタイプのうつ病には一定の診断基準があり、参考になります。他に性格や環境、あるいはほかの病気やこれまで服用していた薬が関係していることもあります。

また、これまでに躁状態や軽躁状態を経験したことがある場合はうつ病でなく双極性障害(躁うつ病)であると考えられますのでそういう経験がなかったかの確認も必要です。
統合失調症などほかの精神疾患が背景にあって、抑うつ状態はその症状のひとつであった、という場合もあります。このような症状を万が一うつ病と診断されたら、本当の疾患が見逃されせっかくの早期発見・早期治療のチャンスをのがしてしまうことになってしまいます。
正しいうつ病の診断は、うつ病のどのタイプなのか、ほかの精神疾患である可能性はないか、などを確認することまで含まれるのです。

治療法にもいろいろある

うつ病の治療法は、一人ひとり違います。
典型的なうつ病ならば薬物療法の効果が期待できます。性格や環境の影響が強い場合は精神療法的アプローチや時には環境の整備が必要になります。ほかの病気や薬が原因の場合は病気の治療や薬を変えることを考えなくてはなりません。休職についても、休養が必要な場合とむしろ仕事を続けた方がいい場合もあってこの点でも方針はひとつではありません。
うつ病とひとくくりに考えて治療をうけるのではなく、うつ病にはいろいろあって、治療法もひとつではないことを知っておくことが大切です。自分のうつ病と、ほかの人のうつ病は違うものであり、治療法も一人ひとり違っていて当たり前なのです。

うつ病は、誰にでも起こりうる病気です。厚生労働省の調査(平成14年度)によれば、わが国では20歳以上の人の約7.5%( およそ13人に1人)が、その調査の時点までに、一度はうつ病を経験したことがある、と報告されています。世界でも人口の3~5%の人がうつ病だといわれており、この数字をあてはめると日本でも600万人以上の人がうつ病にかかっていると考えられます。しかし、実際に治療を受けている人は、そのうちの25%程度とされることから、うつ病患者さんの4人に3人は適切な治療を受けていないというのが実情のようです。また、うつ病に悩む人の多くは、専門の精神科ではなく、まずは、一般の内科などを受診しているという調査結果もあります。

うつ病は早期に発見して適切に治療すれば、十分に治りうる病気です。このため、患者さん本人や周囲の人が早く気づいて、専門医による適切な治療を受けることが大切です。

高齢者の肺炎

高齢者
肺炎による死亡順位は、最近の優れた抗生剤の出現にかかわらず、平成23年から第3位となり、全死亡者に占める割合の約10%となっています。それは高齢者の肺炎の死亡率が高いからです。昨日まで何となく元気ないように見えていただけの高齢者が急に呼吸困難に陥って重症肺炎と診断されることや、咳・痰・発熱などの症状が全くないのに肺炎と診断されることがあります。

高齢者の肺炎の特徴と注意点

高齢者肺炎の特徴と注意点は、(1)肺炎症状が乏しく、症状がわかりにくいため診断・治療が遅れるがちになること、(2)高齢者肺炎には肺結核が混在していること、(3)すでに他の病気(糖尿病や心疾患など)にかかっている人が多いので、潜在的に肺炎の発症因子や増悪因子を持っているため肺炎が急速に重症化すること、(4)原因として気付かない誤嚥性肺炎が多いこと、などが挙げられます。

高齢者肺炎の症状

高齢者肺炎では、発熱、咳、痰 など肺炎に随伴する症状がないか、あっても軽微なものに止まる症例が40%程度に見られます。また、食欲不振や意識障害など一見肺炎と関係のない症状で見つかることがあります。

高齢者では咳の出ない肺炎も多い

肺炎の初発症状としての咳・痰の頻度は高齢者では一般成人に比べ約20%程度低いと言われています。65歳以上の肺炎患者では初発症状としての咳は約40%の症例で認められないと言われています。

呼吸器以外の症状にも注目

高齢者の感染症において発熱の頻度が低いことがわかっています。また、高齢者肺炎患者では食欲低下、身体のだるさ、意識の低下がみられることがあります。意識の低下により、高齢者の場合、高熱の持続がなくても食欲低下、水分がとれないことによる脱水が高度となりやすく、これに血液中の酸素の低下が重なり脳神経の異常をきたします。高齢者肺炎の初発症状として意識の低下がみられる症例は約25%程度であり、これらの症例は約70%以上に脱水所見が認められることが明らかにされています。脱水は肺炎重症化の重要な要因です。

痰を伴う咳の中には結核菌が・・・!

痰は高齢者肺炎の初発症状として約55%に認められます。この喀痰で重要なことは、肺炎と全く同じ症状で喀痰に結核菌を排出している患者さんが紛れ込んでいることです。そしてこの喀痰中の菌が空中に飛散して結核菌を次々に感染させる(空気感染)ことが問題となります。結核に高齢者が多いのは数年来の傾向です。70歳以上の患者が全体の3分の1以上を占め、60歳以上が過半数を占めています。また患者数だけでなく、増加率も70歳以上が最も高くなり、80歳以上の超高齢者では10年で2倍の結核患者が増えています。これは、免疫力(細胞性免疫)の低下で眠っていた結核菌が目を覚ますからです。お年寄は結核を発病する危険性が高いことを本人と家族がよく理解して、「咳・痰」が続く時にはすぐに専門医の診察を受けるようにしましょう。

高齢者肺炎の成り立ち

高齢者肺炎は呼吸不全に陥りやすい

高齢者肺炎では早期より、また病気のひろがりが少ないにもかかわらず呼吸不全になりやすいことがわかっています。若年者が病気の40%の拡がりで呼吸不全におちいる時、高齢者は23%で呼吸不全となることが報告されています。さらに、高齢者肺炎では心不全を伴うことがあり、呼吸困難は急速に悪くなる可能性があるので早期診断、早期治療が重要です。

高齢者肺炎の原因と予防

高齢者肺炎は夜作られる

咳は元来、気管支のはたらきで除去できない気管支内の異物を除去することを目的とした反射運動ですが、肺炎を起こす高齢者ではこの反射が低下していることがわかっています。高齢者の肺炎発症のメカニズムとして最も重要なことは、脳血管障害、長期臥床、ADL低下状態による嚥下障害の存在が多いことはもちろんですが、本人および家族が気付かない摂食、嚥下障害がしばしば認められ、目に見えない誤嚥が関与していることです。すなわち、夜間就寝時に口の中の唾液や食べ物の残りが気道に落ち込み、咳反射が低下しているために気付かずに朝を迎えることになります。これが高齢者肺炎の重要な原因となっています。これを予防するためには口腔内をいつも清潔にしておくことや寝る姿勢(頭を高くする)など日常生活の工夫が重要です。

ワクチンのススメ

薬物の予防としては、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンがあります。特に、インフルエンザワクチンは高齢者の入院頻度、死亡率を減らすことが分かっていますし、これに肺炎球菌ワクチンをすると更に高齢者肺炎で亡くなる人の数が減ることが分かっています。是非、インフルエンザワクチンは年に1回、肺炎球菌ワクチンは5年間有効です。ワクチンをして備えておきましょう。

当院は血液検査装置(自動血球測定装置、自動CRP測定装置)、X線検査装置を備えており、迅速な肺炎の診断が可能です。

がん緩和ケア

がん緩和ケアとは

がん医療における緩和ケアとは、がんに伴う体と心の痛みを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方です。

がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。

緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。

WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)
緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである。

がんの療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、だるさなどの体の不調、気分の落ち込みや絶望感などの心の問題が患者さんの日常生活を妨げることがあります。これらの問題はがんの療養の経過中、程度の差はあっても多くの患者さんが経験します。

「がんの治療のことではないから」と相談できずにひとりで抱え込んでしまったり、「症状だけをなくしても、がんが治るわけではないから」「気持ちの持ちようだから」と症状を和らげることに消極的な人もいます。

今までのがん医療の考え方では、「がんを治す」ということに関心が向けられ、医療機関でも患者さんの「つらさ」に対して十分な対応ができていませんでした。しかし、最近では、患者さんがどのように生活していくのかという「療養生活の質」も「がんを治す」ことと同じように大切と考えられるようになってきています。

患者さんを「がんの患者さん」と病気の側からとらえるのではなく、「その人らしさ」を大切にし、身体的・精神的・社会的・スピリチュアル(霊的)な苦痛について、つらさを和らげる医療やケアを積極的に行い、患者さんと家族の社会生活を含めて支える「緩和ケア」の考え方を早い時期から取り入れていくことで、がんの患者さんと家族の療養生活の質をよりよいものにしていくことができます。

緩和ケアを受ける時期

緩和ケアを、がんの進行した患者さんに対するケアと誤解し「まだ緩和ケアを受ける時期ではない」と思い込んでしまう患者さんや家族は少なくありません。

しかし、本来、緩和ケアは、患者さんの体や心のつらさを和らげ、生活やその人らしさを大切にする考え方ですから、がんの病状によって緩和ケアを受ける、受けないを決めるというものではありません。

実際にはほとんどのがんの患者さんは、治療に伴う副作用やこれからのことへの不安、痛みなどのつらい症状をできるだけ少なく過ごしたいと考えているでしょう。例えば、がんと診断されたときには、ひどく落ち込んだり、落ち着かなかったり、眠れないこともあるかもしれません。抗がん剤や放射線治療では食欲がなくなったり、吐き気などの副作用が起こることもあります。

痛みはがんの早い時期にも、進んだ時期にも見られる症状です。痛みが強いままではがんの治療もつらく、また生活への影響も大きくなってしまいます。また、がんが進行した時期に、痛みや吐き気、食欲不振、だるさ、気分の落ち込み、孤独感などに対して適切な治療やケアを受けることは、生活を守り、自分らしさを保つことにつながります。

緩和ケアは患者さんのどのような病状であっても、どのような時期にも受けることができます。

自宅での緩和ケア(在宅緩和ケア)

がん緩和ケア
緩和ケアに関連する治療の多くは、自宅でも入院中と同じように行うことができます。

多くの患者さんにとって、自宅は安心できリラックスすることができる療養環境です。体の状態が安定していれば、自宅での療養は難しいことではありません。病院で受けている治療を自宅で継続することは難しいと誤解されていることがありますが、緩和ケアで行われる治療のほとんどは、病院でも自宅でも同じように行うことができます。のみ薬による治療ばかりでなく、注射による治療のためのポンプや、点滴などの処置が必要な場合でも、自宅での継続もできるようになってきています。

自宅での緩和ケアでは、在宅療養についての専門的な知識を持った訪問診療医(かかりつけ医)や訪問看護師、薬剤師、ホームヘルパーが協力してサポート態勢を整えます。また、今まで受診や通院したことがない初診の患者さんであっても、在宅療養支援診療所などでは十分な診療体制で対応することができます。

自宅に戻れば生活のペースは患者さんや家族に合わせたものになります。訪問診療医や訪問看護師は、患者さんの生活のペースを守りながら緩和ケアを提供します。自宅だけでなく、介護施設やグループハウスなど、さまざまな場所で在宅緩和ケア用語集アイコンを受けられることもあります。

自宅での緩和ケアを選択したからといって、病院とのつながりが完全になくなってしまうわけではありません。訪問診療医を通じて病院の担当医や緩和ケアチームとの連携を継続し、必要に応じて治療やアドバイスを受けることができます。

当院では、がん初診時の心のつらさ(うつ状態・適応障害)から、がん治療中の様々な問題(身体的苦痛・心理的苦痛・社会的苦痛、スピリチュアルペイン)、進行期がんの疼痛管理、終末期がんのお看取り(ターミナルケア)、家族の悲嘆(グリ−フケア)まで全病期にわたり相談を受け付けております。また関連病院、訪問看護ステーションと連携し、質の高い緩和ケアを提供いたします。

〒889−1703 宮崎県宮崎市田野町あけぼの2丁目5−1 TEL 0985-74-5600 【診療時間】午前8:30~12:00 午後14:00~17:30
水・土 8:30~12:30

【休診日】水曜・土曜午後、日曜、祝日

当院概要

あけぼの診療所

【診療科目】
内科・外科・精神科
診療時間
8:30~12:00
14:00~17:30 - -

△…8:30~12:30
水曜午後は産業医業務の為休診とさせて頂きます。
【休診日】
水曜・土曜午後、日曜、祝日

【院 長】國枝 良行
〒889−1703 宮崎県宮崎市田野町あけぼの2丁目5−1
アクセス

PAGETOP
Copyright © あけぼの診療所 All Rights Reserved.